最新ドアロックの世界

「鍵」というのは機能性の他に昔からインダストリアルデザインの最高峰ともいえるアイテムです。
ビンテージ錠前などの画像集はたくさん見かけますが、今回は最新鋭のアートともいうべき最新鋭の電子ロックの画像を集めてみました。
D23284107527180
10
767833af470ef40091570d29c7ea2c9adoo
Augustsmartlock
Awesomeopensesamethebestsmartlocksf
Disappearingdoorknobwhenthedonotdis
Elegantwifidoorlock
さて、この最新鋭の電子制御の中でも昨今注目されているのが「スマートロック」と呼ばれるインターネット制御のドアロックシステムです。
特に、米国LockState社の製品「RemoteLock」はそのコストパフォーマンスと機能性に抜きんでていると言われています。
というのも、この「RemoteLock」の場合、ロック番号の制御がwifiで行われる為、ネットインフラさえ整備されていれば、基本的に大規模な工事が不要で導入できる点にあります。
ドアロックに関する情報(ロック番号の変更や入出管理など)が、インターネットを経由してルーターを通り、ドアロックシステム自体のWifi機能によって送受信されます。
また、同様に世情に関する管理者からドアの開閉に関係する部署へもネットを通してふまーとフォン等の端末で情報を共有することができるのです。

驚くべきクロマキー合成の世界

よく映画で映像を合成したり、CGと実査を組み合わせたりというFXが話題になりますが、パソコンの演算処理能力や、グラフィック線画能力がこの10年で驚異的な進化を遂げ、宇宙や異空間と言ったいかにも合成という映像ではない、「え?普通のロケだと思っていた」「セットだと思っていた」というショットが実はすべて背景はCGという驚くべき状況になっています。 この人物以外をすべて差し替えてしまう技術を「クロマキーエフェクト」と言いますが、そこがエフェクトなのかが一目瞭然の画像を集めてみました。

F32203c4c03f0d1b756d68867d64f75f
93b534bf54edf4997d5d893059f89433ugl
592370
Bahubalivfx11310815
Mainqimg627477c2e9fcebf626d3e510bd2
Mainqimg945495a56654995e6be8acd4f80
Mainqimgd1c7fe5d6034dcb1ece1004dbb1
Moviesbeforeaftervisualeffects10
私もパソコンを使って趣味でビデオ編集をしますが、家庭で撮ったビデオを自宅で編集するようになったきっかけは、普通に撮影をしていると取らなくても良いところまでとっていることがあるからです。
私はいつもパソコンそのものに入っている動画を編集するソフトを使い、撮影した映像を編集しています。
必要のない映像のところでは、カットすることができるのと、文字を加えることができるので、普通に写真を眺めるよりも楽しく見ることができます。
また好きな音楽を合わせることもできるので、愉快なシーンや可愛らしいシーンなどで音楽を使い分けることが出来るのも、動画を編集する魅力だと思います。
それから動画を編集した後はデータをDVDソフトにまとめることによって、新たに動画を撮影したとしてもしっかりと録画しておけるのと、成長に合わせていろいろなソフトを作成することができるので便利です。
近年ではパソコンに入っているソフトだけではなく、有料のソフトを買うだけで、まるで映画のような動画編集も出来るようになっています。
このポストで紹介しているクロマキーエフェクトも、ほんの数ドルのダウンロードソフトと家庭用PCで出来てしまうのですからすごい世の中になったものです。
それからパソコンだけではなく、スマートフォンなどでも動画を作ることができるアプリが増えています。
これらは動画映像の音声をそのままを採用することもできるので、いつか家族で鑑賞したり、記憶の一部として編集した映像を再生することが出来るのも、動画編集ならではの魅力だと感じています。

Cool な ピアノ

日本では住宅事情も相まって「ピアノがある家」は少なく、学校やコンサート会場にあるピアノは黒塗りのアップライトかグランドピアノです。

しかし世界にはハイセンスでモダンなピアノが数多く存在し、セレブレティーや音楽家たちを楽しませています。
Schimmelpegasusred690x560
C0143750_21142613
Cbcfbc4wyaato77
Cool_piano
Fddeda766bc95edee15238a0acec70c3
私は、母方の親戚で音楽学校でピアノを専攻していた方がいたため、幼少の頃にその親戚からクラシックピアノの手ほどきを受けていました。
その後、家の近くのピアノ教室にも通い、小学生時代くらいまではクラシックピアノを続けていました。
ただ、残念なことに、絶対音感もなく練習嫌いだったため、折角のそのような恵まれた環境を生かすこともできず、中学生以降はピアノからは遠ざかってしまっていました。
とはいっても、たまにピアノに触れたくなるというかピアノの音がききたくなることがあり、思い出したようにピアノを弾いてみたりはしていました。
社会人になってから、何か音楽系の習い事をしたいなと思うようになり、幼少の頃のなじみもあることから、ピアノをまた習おうと思っていろいろと探していた時に、母の友人の娘さんがジャズピアノを習っているという話を聞きました。
それまで、ジャズには全く縁がなかったのですが、その話を聞いて、そのジャズピアノレッスンを池袋の教室で受けていることを知り、先生を紹介していただきました。
それがきっかけとなり、ジャズピアノを習うことになったのですが、クラシックとは違って、コードで音を読んだり展開したりアレンジしたりというところでつまづいてしまい、結局ジャズピアノのレッスンは続きませんでした。
しかし、ジャズピアノ自体は好きになり、その後もジャズには親しむようになりました。
.
.
.

«驚くべきカスタムバイクの正解