Cool な ピアノ

日本では住宅事情も相まって「ピアノがある家」は少なく、学校やコンサート会場にあるピアノは黒塗りのアップライトかグランドピアノです。

しかし世界にはハイセンスでモダンなピアノが数多く存在し、セレブレティーや音楽家たちを楽しませています。
Schimmelpegasusred690x560
C0143750_21142613
Cbcfbc4wyaato77
Cool_piano
Fddeda766bc95edee15238a0acec70c3
私は、母方の親戚で音楽学校でピアノを専攻していた方がいたため、幼少の頃にその親戚からクラシックピアノの手ほどきを受けていました。
その後、家の近くのピアノ教室にも通い、小学生時代くらいまではクラシックピアノを続けていました。
ただ、残念なことに、絶対音感もなく練習嫌いだったため、折角のそのような恵まれた環境を生かすこともできず、中学生以降はピアノからは遠ざかってしまっていました。
とはいっても、たまにピアノに触れたくなるというかピアノの音がききたくなることがあり、思い出したようにピアノを弾いてみたりはしていました。
社会人になってから、何か音楽系の習い事をしたいなと思うようになり、幼少の頃のなじみもあることから、ピアノをまた習おうと思っていろいろと探していた時に、母の友人の娘さんがジャズピアノを習っているという話を聞きました。
それまで、ジャズには全く縁がなかったのですが、その話を聞いて、そのジャズピアノレッスンを池袋の教室で受けていることを知り、先生を紹介していただきました。
それがきっかけとなり、ジャズピアノを習うことになったのですが、クラシックとは違って、コードで音を読んだり展開したりアレンジしたりというところでつまづいてしまい、結局ジャズピアノのレッスンは続きませんでした。
しかし、ジャズピアノ自体は好きになり、その後もジャズには親しむようになりました。
.
.
.

驚くべきカスタムバイクの正解

オートモービルのドレスアップやカスタムの世界は広いと言われていますが、特にドレスアップとチューンナップの両立という面ではバイクのカスタムが一歩先へ行っています。

262471
70d535621312bdae6eb32d5d82bdf526
Dl1bgvp
Gatorbike2
Jaguarbike2
Nbxjuq
Skeleton_motor01
私もかなり前に免許を取って中型車に乗っていました。
最初はみんなが憧れるようにバイク乗りの良い所だけを信じて乗り始めましたが、冬は寒いし夏は暑く雨の日に乗ると全身全身ずぶ濡れなど経験して大変な事が良く分かりました。
春の一部と秋の一部の季節の気持ちのよさはなんともいえない爽快感がよかったですが、仕事や維持に大変だったので知り合いに売却しました。
お店に売ろうと思いましたが、私が売却を考えたのは十年前だったので、最近はそのころのバイクは高価で買取されると聞きますが、そのころは数十万円で買ったバイクも数万円から傷があればビックリするような値段に買いたたかれていたので、他人に売買した方が高く購入してくれました。
最近はネットを使ったバイク査定無料サービスで買取り比較も出来ますし、ファンのネットワークが確立して数十年前のバイクが数百万円で売買されているのをみるとビックリです。
中古数万円で売っていたようなバイクが、昨今は良く調べて売れば大変な値段になるバイクがあります。
この前は昔の中古バイクを200万円くらいで奥さんに頼んで買った話を聞きました。
すごい時代です。
.
.
.

世界の驚くべきクオリティーのコスプレ衣装

コスプレと言えば日本のオタク文化が世界に広まったものという認識がありますが、欧米ではそれ以前に「仮装文化」という、物が存在し、そのテクニックとコスチュームクオリティーを惜しげもなく注いだコスプレは、すでにオリジナルをはるかに凌駕するできばえです。

特に、ビデオゲームのキャラクターに扮装した欧米人はその体格や外観から本当にディスプレイから飛び出してきたかのように見えるのです。
84f5cbb15b825a07aa942ab6aa925270
54c4ae1a83c2737ed1f93c6a10e2b910
006cf98d00b4ae62c39fda4afbc2bfce
Adjutant_from_starcraft2_by_chrixde
Btpqqnhcyaiug8m
Charactersfromstreetfighterxtekkenh
Gamingconsolecosplay
Gfwenaqzloyortqh0jey
Videogamecosplaypicturesfromfanimec
当方、5年程前からコスプレにハマり現在も週2でコスプレを楽しんでいます。
のめり込んだきっかけは当時勤めていた会社の忘年会で披露したアニメのコスプレが好評で、個人的にもやっていて楽しかったのでどっぷりとハマってしまいました。
最初はアニメから始まり、実写映画のキャラクターやゲームキャラクターなど様々なコスプレを経験しました。
その中でも特に印象に残っているのはゾンビ系ゲームのコスプレです。
ゾンビの場合コスチュームを着用すればいいという訳ではなく、メイクにもこだわる事でよりリアルなコスプレを楽しむ事ができます。
メイクといってもゾンビに関しては決して難しくはありません(主人公キャラのゲーム衣装は武器も用意しますのでかなり出費がかさみますが...)。
文房具屋に売っているデンプン糊や水性マジックを使う事でゾンビ独特の傷口を作る事ができます。
皮膚のただれはティッシュペーパーにデンプン糊を塗って顔に張り付けると再現できます。
コスチュームは非常に簡単で、着なくなった服をハサミで切ってボロボロにするだけというシンプルな方法で作成します。
コスプレでは自由な発想が意外なアイデアを生み出すので、思いつくままにやってみる事をオススメします。
オリジナリティを出す事でコスプレをする時のモチベーションも上がると思います。
.
.
.

«クールなスーツケース