クールなスーツケース

日本の場合、定番主義というか、ブランド志向というか、空港に行ってもベーシックなメーカーのベーシックなスーツケースばかりが目につきますが、大陸・欧米諸国の飛行機移動が多い地域に行くと、先進的なデザインだったり、オシャレだったり、ジョークの聞いたデザインだったり、様々なバゲージを見かけることがあります。

そんな海外のクールデザインのアイテムを集めてみました。
Suitcasesticker
Expresswoodtraveltrolleybysalvadorb
Highqualitymenstravelluggagecoverfo
Liveluggagehybridpasb
Rdd2robotdroidsuitcaseluggage
Retrogamingsuitcasebysalvadorbachil
Samsoniteluggagecool3d01
最近、スーツケースのレンタルサービスを初めて知りました。
世の中にはいろんなレンタルサービスがありますが、多摩にしか使わないアウトドア用品や旅行用品は助かりますよね。
個人的にコレってすごく便利なサービスだと思うんです。
というのも、スーツケースってそんな頻繁には買い替えることのない、いわば年間を通してみると私にとって最も利用頻度の低いグッズだからです。
ちなみに私も1つだけスーツケースを所持しておりますが、正直使い勝手が悪いんですよ。
なんというか、3,4泊程度の旅行ならちょうどいいのですが、それ以上となると、少々小さく感じますし、逆に1,2泊なら、大きすぎるという結果になってしまうんです。
個人的には旅行をする際には、できるだけ持ち運ぶ荷物を一か所にまとめておきたいところで、3つも4つもバッグを携えるのは体力的に相当なストレスですし、何処に何を入れているかを把握できなくなってしまうので精神的にもイライラします。
だけども、わざわざ、そのためだけにいろんなサイズのスーツケースを購入するのもなんだか勿体ないですし、うーん・・。
そんな時にスーツケースのレンタルサービスを活用すれば、適したサイズのスーツケースを選択することができます。
これなら移動がとても楽になりますし、ひいては旅を満喫できる、という事にもつながるのです。

懐かしのマイコン世代

昨今「スマートフォンの普及でパソコンを使えない若者が増えた」と言うニュースが注目されていますが、アラフィフ団塊ジュニア世代の子供の頃は高根の花だった”マイコン”数十万なら安い方、一式そろえて100万円以上という世界でした。

これが、10万円で最新のCPUを積んだノートPCがあるにもかかわらず、若者たちはマイPCを持たない時代が来るとは...
Apple3_top1
0004_01_l
1511_nec_pc8001700x561
Dec_rainbow_1001
Ibm_pc_5150
Ibm5170
皆さんはパソコンのレンタルサービスを利用したことがありますか?
私は先日利用しました。
その時は出張していてどうしてもパソコンが必要になってしまったので、パソコンのレンタルサービスを利用しました。
最初は初めてという事もあり色々と不安でした。
しかし、以外にも申し込みが簡単で拍子抜けした事を覚えています。ネットから簡単に申し込むことができ、5分程度できました。
初めてということで免許などの証明書が必要でしたが、それもスマホで送ることができたので全く手間はかかりませんでした。
そして、申し込んだ翌日にはパソコンが到着したという感じです。
実際、パソコンを使ってみると普通に使うことができたので良かったです。こんなに便利なものだとは思っていなかったので、本当に助かりました。
おかげで出張先でも仕事をこなすことができたので本当に良かったです。返却も元の箱に入れて集荷の電話をするだけで良かったので、今度は個人で利用してみようと思います。
皆さんも出張や旅行の際にパソコンが必要になった時は、パソコンのレンタルサービスを利用してみると良いです。
金額のほうも安くとても便利なので、これはおすすめできるサービスです。

世界のアイデア工作

私はたまにインターネットでアイデア工作を調べることがあります。

身の回りの物を組み合わせて自分でもできそうな素敵なハンドクラフトのアイデアを見つけてはフォルダーに保存しているのですが、なかなか実際に作る機会はありません(汗)
154441_412905565445820_1715330037_n
Adinterestingandusefulideasforyourh
Paper
Mainqimge14eb76a3e6877cedfd97659bed
Lotsofwastewinebottlelamps
Bp_fleamarketflipsmasonjarlight_s4
先日も息子の自由研究の工作を手伝いましたが、何を作るか悩んでネット通販の工作キットをいくつか見て回りました。
色んな種類があり迷いましたが、中でも息子が気に入ったのが、恐竜を紙粘土で作る貯金箱の工作キットでした。
早速工作キットを注文して取り出す息子でしたが、少し中に入っているものが多くてこずっていました。
恐竜の形の土台になるプラスチックの型に紙粘土を伸ばしてつけていきます。
そして、乾いたら、ぎざぎざの背中の部分を作っていっていました。
息子は、初めてだったので、大変そうかと思いましたが、楽しんで作り進めていきました。私ももっと手伝わないといけないかなと、考えていましたが、大丈夫でした。
その後付属の絵の具で見本のように体や目に色をつけていきました。息子も自分で工作キットを初めてすることが楽しいようで、大変集中して作業をしていました。
その後絵の具を乾かし翌日にニスを塗りました。息子は、貯金箱が出来てとても喜び妹にも自慢してみせました。
工作キットは、家では、初めて買って作りましたが、すべてのものが入っているので、無駄がなく簡単に出来て大変良いなと感じました。子どもが何より楽しんでいました。

«世界の凄いマイホーム