元祖探偵スパイグッズ

情報収集、隠密行動、諜報活動...
そんな探偵やスパイの使う道具はその時代の最新テクノロジーの結集と言われていますが、いわゆる近代に入ってあらゆるものを小型化し、日用品や小物にしこむという技術が激化したのは第二次世界大戦以降飛躍的な進歩であったと言われています。
そんな時代の驚くべきグッズの写真を集めてみました。
1c4c41b478ea54b2202295e1a1199277ske
39amazingspygadgetsfromthecoldwarer
12706730719175140
Article24233611bdf6b86000005dc375_4
B9b2c3baf776a88b24e2f709c98ee20f
Lighterdvrspycamera_1
ちなみに管理人は探偵という仕事の方にあったのは人生で二回ほど。
一度は学生時代に知人の女性にまとわりついていた、今でいうストーカーの人物調査で、上京して一人暮らしだった知人に付き添って依頼をしたことです。
二度目は一昨年、なんと私の姉の旦那の浮気調査の時、姉からネットで浮気調査の料金を調べてくれと頼まれ、なぜか探偵事務所への相談に私も同席する羽目になった事です。
学生時代の時は、知人女性のポストやドアにいたずらしたり、噂話で嫌がらせをしていた犯人を特定するという事で同町刺されたのかについては全く知る由もありませんでしたが、姉の件は奥さんである姉の承諾を得て車にGPSを仕掛けたり、最新のハイテク機器を使用する事を知る機会がありました。
ちょっと聞いただけでも、驚くような機能を持った現在の探偵グッズを駆使して、姉の旦那さんの休日の行動やスマホの内容まで明らかになったのですが、プロの知識とこういった道具にかかれば人間の行動というのは筒抜けになってしまうんだなと改めて認識した出来事でした。

最新ドアロックの世界

「鍵」というのは機能性の他に昔からインダストリアルデザインの最高峰ともいえるアイテムです。
ビンテージ錠前などの画像集はたくさん見かけますが、今回は最新鋭のアートともいうべき最新鋭の電子ロックの画像を集めてみました。
D23284107527180
10
767833af470ef40091570d29c7ea2c9adoo
Augustsmartlock
Awesomeopensesamethebestsmartlocksf
Disappearingdoorknobwhenthedonotdis
Elegantwifidoorlock
さて、この最新鋭の電子制御の中でも昨今注目されているのが「スマートロック」と呼ばれるインターネット制御のドアロックシステムです。
特に、米国LockState社の製品「RemoteLock」はそのコストパフォーマンスと機能性に抜きんでていると言われています。
というのも、この「RemoteLock」の場合、ロック番号の制御がwifiで行われる為、ネットインフラさえ整備されていれば、基本的に大規模な工事が不要で導入できる点にあります。
ドアロックに関する情報(ロック番号の変更や入出管理など)が、インターネットを経由してルーターを通り、ドアロックシステム自体のWifi機能によって送受信されます。
また、同様に世情に関する管理者からドアの開閉に関係する部署へもネットを通してふまーとフォン等の端末で情報を共有することができるのです。

驚くべきクロマキー合成の世界

よく映画で映像を合成したり、CGと実査を組み合わせたりというFXが話題になりますが、パソコンの演算処理能力や、グラフィック線画能力がこの10年で驚異的な進化を遂げ、宇宙や異空間と言ったいかにも合成という映像ではない、「え?普通のロケだと思っていた」「セットだと思っていた」というショットが実はすべて背景はCGという驚くべき状況になっています。 この人物以外をすべて差し替えてしまう技術を「クロマキーエフェクト」と言いますが、そこがエフェクトなのかが一目瞭然の画像を集めてみました。

F32203c4c03f0d1b756d68867d64f75f
93b534bf54edf4997d5d893059f89433ugl
592370
Bahubalivfx11310815
Mainqimg627477c2e9fcebf626d3e510bd2
Mainqimg945495a56654995e6be8acd4f80
Mainqimgd1c7fe5d6034dcb1ece1004dbb1
Moviesbeforeaftervisualeffects10
私もパソコンを使って趣味でビデオ編集をしますが、家庭で撮ったビデオを自宅で編集するようになったきっかけは、普通に撮影をしていると取らなくても良いところまでとっていることがあるからです。
私はいつもパソコンそのものに入っている動画を編集するソフトを使い、撮影した映像を編集しています。
必要のない映像のところでは、カットすることができるのと、文字を加えることができるので、普通に写真を眺めるよりも楽しく見ることができます。
また好きな音楽を合わせることもできるので、愉快なシーンや可愛らしいシーンなどで音楽を使い分けることが出来るのも、動画を編集する魅力だと思います。
それから動画を編集した後はデータをDVDソフトにまとめることによって、新たに動画を撮影したとしてもしっかりと録画しておけるのと、成長に合わせていろいろなソフトを作成することができるので便利です。
近年ではパソコンに入っているソフトだけではなく、有料のソフトを買うだけで、まるで映画のような動画編集も出来るようになっています。
このポストで紹介しているクロマキーエフェクトも、ほんの数ドルのダウンロードソフトと家庭用PCで出来てしまうのですからすごい世の中になったものです。
それからパソコンだけではなく、スマートフォンなどでも動画を作ることができるアプリが増えています。
これらは動画映像の音声をそのままを採用することもできるので、いつか家族で鑑賞したり、記憶の一部として編集した映像を再生することが出来るのも、動画編集ならではの魅力だと感じています。

«Cool な ピアノ