« クールなセミナー会場 | トップページ | 世界共通の結婚観 »

豪華すぎるベビールーム

昔、ヨーロッパにホームステイしたことがあるのですが、そこのお屋敷は何もかもが大きく、豪華でビックリしました。

特にそのうちでは赤ちゃんが生まれたばかりだったのですが、子供部屋...というかベビールームの家具が統一されていて豪華、それに広さは今の我が家のリビングルームほどもありました。
そんな海外のゴージャスなお部屋の画像を集めてみました。
Babynchildrestorationsamoroundcrib
Babyhimmelbetttwomodels
Gavinroomtreesnurserymodgblogcom
Princesscrib
Gorgeousnurserytraditionaldesignide
4a6d4f5b2ba4
さてさて、ここからは現実の日本のベビー用品の事情です。
家では子供が産まれる前に、ベビーベッドを購入しました。
あわせてマットや枕、掛け布団などもセットで購入しました。
始めの何ヵ月かはベビーベッドに寝かせていましたが、夜中の授乳など自分の布団で添い寝した方が楽だと思い、結局使わなくなりました。
物が大きいだけに、知人に譲るのも大変で、結局リサイイクルショップに売ることにしましたが苦労して運んだ割には買取り額は数百円とがっかりでした。
よく調べるとベビーベッドはレンタルが出来たようで、レンタルを利用すればよかったと思いました。
また、友人がネットで大きなベビー用品の買取りサービスを利用したのですが、引取りに来てくれた上にちゃんとした額の買取り額だったようでこれからベビー用品を処分するなら断然ネットがおすすめだと思います。
あとは、ユリカゴ?バウンサーと呼ばれている物です。こちらは自分の傍に置いておき、ゆらゆらさせるのに便利でした。使用期間は短かったですが…。
こちらは小さめだったので、近所の人方に譲りました。
ベビーカーも汚れたりしてしまい、売るのにも値段がつかないかなと思い粗大ゴミとして出しました。
寝ながら人形のようなものに触れて、音がカラカラなるおもちゃも意外と大きくリサイクルショップに売りました。
ベビー用品は大きいものが多く、短期間しか使わないのに場所を取るものが多いと思います。
また譲ったり、売ったり出来るものはまだ良いですが、汚れたりしてしまったものは、特に処理にこまります。
どのご家庭も使い終えた後のベビー用品の処理には困っていると思います。

« クールなセミナー会場 | トップページ | 世界共通の結婚観 »